安く購入できる

ジェネリック医薬品とは?

バイアグラは世界で最も知名度の高いED治療薬と言えるでしょう。

そんなバイアグラには沢山のジェネリック医薬品が沢山出てきています。

そのためどれを選んでいいのか分からないという人はもいればそもそもジェネリック医薬品って何?って言う人もいますよね。

ジェネリック医薬品は消費期限が切れた効果のない薬?みたいに思われている人が中にはいますが、そういった誤った認識をしている人が非常に多いのも現状としてあります。

まずはジェネリック医薬品について正しい知識を得ることが大事なのと数あるバイアグラジェネリックの中でオススメのED治療薬と紹介していきます。

ジェネリック医薬品というのは先に発売された新薬と同じ有効成分を同じ量使って作られている薬のことを言います。

違いがあるのはお薬の形状だったり、色、味、添加物、など薬の効き目や安全性に影響しない範囲ないで作られているぐらいです。

つまり先に発売された新薬(先発医薬品)と同等の効果が得られると認められて販売されているのです。

そのためまず効果のない薬が発売されるということはありませんし、ジェネリック医薬品だから効かない、先発医薬品のほうが効くというのは誤った認識であることを覚えておきましょう。

ではなぜジェネリック医薬品は先に発売されたやつよりも安く購入できるの?って思いますよね。

それは開発費用が全然違うからです。ジェネリック医薬品というのは薬によっては開発期間が10年以上かかる場合もあり、費用も100億円に達することも珍しくありません。

ですから非常に新薬を作るというのは時間とコストがかかります。

その代わり新薬として認められた場合は20年以上はその開発した会社が独占販売できるようになっているので十分元手が取れるのです。

そしてその特許期間が終了したら他の製薬会社もジェネリック医薬品として販売をする事が認められています。

その開発期間はだいたい3年~4年で開発費用に関しては10分の1程度に抑えることが出来るとも言われています。

ですからジェネリック医薬品は安く提供できているわけです。

ここで注目をして欲しいのがジェネリック医薬品といえども3年~4年もの開発期間がかかっているという点に注目をして欲しいです。

ジェネリック医薬品を販売するには厳しい審査基準が設けられています。

溶出試験や生物学的同等性試験、安定性試験など、たくさんの厳しい試験をクリアして初めてジェネリック医薬品として認められるのです。

ジェネリック医薬品は消費期限が切れた薬ではなくて特許期間が切れた医薬品というわけです。

ですのでジェネリック医薬品が効かないという理由としては服用方法が間違えていた、もしくはたまたま個人が合わないタイプだったのかもしれません。

ジェネリック医薬品は厳しい審査で販売されていますので安心して利用することが出来ます。

とはいえバイアグラは世界で最も有名な薬の1つですからそのバリエーションも豊富にあります。

どれがいいんだろうと迷っている人もいるので迷っている人は有名なジェネリック医薬品を利用するのが良いと思います。

・カベルタ


カベルタは非常に有名なバイアグラのジェネリック医薬品といっていいでしょう。

カベルタを製造をしているのはインドのRanbaxy Laboratories社で製造されています。あまり日本では聞きなれないかもしれませんが、ジェネリック医薬品ではインドが圧倒的な技術大国となっています。

このRanbaxy Laboratories社はインド国内だけではなくて世界120ヶ国以上で販売しているほどの信頼があります。

もちろん同一成分配合なのでバイアグラと同等の効果を得ることが出来ます。

・カマグラ

カマグラはバイアグラのジェネリックで比較的日本で有名なジェネリック医薬品でリピーターも多いです。

日本で有名なためとりあえずバイアグラのジェネリック医薬品を試しに使ってみようという人が多くそのまま継続して利用する人も多いです。

もちろん通常のバイアグラと同等の効果が期待できます。

・スハグラ

スハグラはインドのシプラ(Cipla)社から製造・販売している有効成分シルデナフィルが配合されているバイアグラのジェネリック医薬品です。

安心して利用できるのはもちろんのことジェネリック医薬品のため純正品と比べるとかなり安く利用することが出来ます。

日本では販売されていませんので医薬品個人輸入代行サイトから購入することが出来ます。