通販では購入できない

偽物の薬に注意

通販の大手サイト言えば誰もがamazonをイメージすると思います。

もはや世界的にも有名でとりあえず通販で購入をしようと思ったらまずはamzonで検索をするという人も珍しくないでしょう。

ED治療薬をインターネット上で購入しようとする人もどんどん増えてきています。

しかし、amazonや楽天といった通常の通販サイトではどれだけ検索をしても出てきません。

法律で通販で売ってはいけないとしっかりと定められているのです。

インターネット上で医薬品を購入をしようと思ったら海外から個人輸入しないといけません。

日本で販売されている医薬品を購入することは出来ないのです。あくまでも個人目的で海外から取り寄せるのであれば輸入しても問題ないのです。

しかし、個人で輸入をするとなるととても大変で海外の現地の人と人脈がないと出来ませんし、現地の言葉で交渉をしたり、金額の折り合い、輸送の手続きなどをする必要があります。

非常に大変で面倒で多くの人は交渉すら出来ません。

それではもう諦めるしかないのかと言ったらそうではなくて面倒な交渉や輸送の手続きなどを代行してくれるサイトがあります。

それが医薬品個人輸入代行サイトと呼ばれるものです。

聞きなれていないためどうしても不安に思うかもしれませんが、使い方は通常の通販サイトと変わりありません。

サイトに向かって新規登録をして登録をして商品を選んで、お届け先の住所の入力、支払い方法を入力すればあとは完了です。

家にいるだけで商品が届きます。

また病院では一度にまとめて購入することが出来ませんが、医薬品個人輸入代行サイトの場合はまとめて購入できますし、まとめて購入すれば割引が適用されてかなりの金額違ってきます。

病院で処方してもらうとなると病院に行くまでの時間や交通費、診察して薬を貰うとなると半日は潰れてしまいますよね。

医薬品個人輸入代行サイトならば安く手に入るだけではなくて家に待っているだけで荷物が届きます。

また商品名なども伏せてくれるのでプライバシーもしっかりと保護してくれるので安心できます。

ただし、気をつけなければいけない点として商品が届くまでに非常に時間がかかるという点です。これが意外とトラブルになりやすいのですが、医薬品個人輸入代行サイトは海外からの商品の発送となります。

そのためどうしても時間がかかります。大体7日間から14日間、インド発送の場合は14日間~21日間かかります。

普段通販に慣れている人は商品を注文したら1日2日とかで届くのが当たり前となっているのでどうしても勘違いしてしまいがちです。

今週末に使いたいから注文をしておこうでは週末には届きませんので注意してください。

それも前もって注文さえしておけばいいですし、どうしても直近で必要と思った際には病院にいって処方してもらえば良いのです。

どちらも有効活用することがED治療薬と上手に向き合っていく秘訣です。

何かと便利な医薬品個人輸入代行サイトですが、必ず注意をしなければいけないのがサイト選びです。

インターネット上で取引される薬の54%、実に半数以上が偽物の薬と言われていてそのほとんどがED治療薬と呼ばれています。

特にバイアグラは世界で最も有名な薬の1つですから偽物の数も多いです。

標的になっているのが日本ですので多くの人が偽物の薬を購入してしまったと言われています。

日本の警察が偽物の薬を押収する件数も増えてきていますので十分注意が必要です。

偽物の薬にはバイアグラの主成分シルデナフィルなどは含まれていませんので勃起できません。

それどころか下図のような劣悪な環境で作られているので健康被害で体調を崩してしまう人もいます。

偽物の薬をネット上で公開していて注意喚起されていますが、一目で見分けがつく物だったらいいですが、普段から薬に触れていない一般人では見分けがつかない精巧なものまであります。 例えばバイアグラ1000mg錠とかであれば、本来無い規格ですよね。バイアグラは最大で100mgまでしかありません。 こういった表記で書かれていたりするのであれば迷わないと思います。 過去に出回った偽物の薬の画像が下図です。
ほとんどの人がこれを本物と言われたら本物だと思ってしまうと思います。 ですのでまずは怪しいサイトを利用するのではなくて大手サイトを利用することがとても重要になってきますのでサイト選びは慎重に行いましょう。 運営者情報をしっかりと見て日本語対応しているところサポートがしっかりしているところを選び、英語で書かれていたり日本語がおかしいところは極力使わないようにしましょう。