即効性に優れたED治療薬

第2世代のED治療薬


レビトラ正規品を購入する

レビトラは全世界で注目を集めたED治療薬バイアグラの次に誕生しました。

バイアグラの次に発売されるということで非常に期待が集まりました。

レビトラは2003年の3月から欧州で販売がスタートしていきそこからアメリカで承認されて日本でも2004年6月、つまり1年後には販売が開始されました。

レビトラも非常に話題になったので多くの人が医薬品個人輸入をして購入したこともあり、承認が早かったのでしょう。

またドイツの有名な製薬会社バイエル薬品株式会社から誕生したこともあり、信頼が高かったのかもしれません。

そんなレビトラは非常に体内で吸収されるスピードが速く、作用時間も長くある程度の簡単な食事ならば影響を受けないということもあり、人気が出ました。

レビトラの最大の特徴といえば服用してからの即効性にあり、最短15分から効果を発揮し、平均でも30分で実感すると言われています。

これはレビトラの主成分でもあるバルデナフィルが水溶性で溶けやすい性質を持っているためです。

このバルデナフィルの含有量の違いで【5mg、10mg、20mg】の3つの規格に分けられています。5mg錠はほとんど使用されることはありません。

大体は10mg、20mgのどちらかを病院で処方されることが多いです。

バイアグラの場合は性行為の1時間前に服用しなければいけませんでしたので逆算をするのが難しい面もありました。

しかし、レビトラの場合は即効性があるので例えば性行為をする前に先にシャワーを浴びてもらっているうちに薬を1錠服用しておいて自分もその後にシャワーを浴びたりしているだけで十分に間に合ったのです。

また食事は700kcal以内で脂質も30%未満であれば食事の影響は受けづらいということもあったので簡単な軽食をしてから性行為をすることも可能となりました。

非常に使い勝手がいいので例えば付き合いたてのカップルでいつベッドインするかどうか分からない状況でも常にカバンや財布に1錠携帯をしておけば対応できます。

常に1錠携帯しておくだけで心強くなるわけです。

ED治療薬を使っていることが恥ずかしいと思う人もいますが、レビトラならばED治療薬を使っていることが知られないで済むというメリットがあるのです。

レビトラの副作用においてはバイアグラと同様です。

・鼻づまり
・目の充血
・頭痛
・動悸
・光に過敏になる

などが挙げられます。

副作用が強く長引くようであれば専門の医師に相談をしましょう。

基本的にはバイアグラとレビトラは非常に近い医薬品であり、使用方法もバイアグラとほとんど変わりません。

一般の人からしてみればバイアグラよりも早く効き目を表す薬ぐらいの認識でも間違いないと思います。

レビトラは病院で処方されていますが、ジェネリック医薬品はバイアグラと違い処方されません。

しかし、医薬品個人輸入代行サイトであれば、海外からジェネリック医薬品を購入することが可能です。

今までバイアグラしか遣ったことがないという人でレビトラのジェネリック医薬品を試して見たいという人も多いと思います。

そんな人は医薬品個人輸入代行サイトを利用して試してみましょう。

※レビトラのジェネリック医薬品が現状、世界的に生産が中止となりました。再開の目処も無く現状製造が完了したもののみが販売されています。

レビトラジェネリックは非常に人気があるので在庫がなくなる前に購入することをオススメします。

レビトラのジェネリック医薬品の正規品を購入したい方はこちら↓↓

>>レビトラジェネリックを購入する