副作用が出るだけ

女性用バイアグラ

バイアグラは男性のED治療薬を改善する医薬品です。

服用したら全身の血管を拡張させて視覚やシチュエーションなどによって性的興奮を受けたら陰茎海綿体にスムーズに血液が集まり、勃起を促し、さらに勃起を鎮めようとするホスホジエステラーゼ5(PDE5)を阻害させることで中折れを防ぎ長く勃起をサポートする役割があります。

そんなED治療薬ですが、女性が服用したら媚薬効果があるみたいな噂が一時期流れたことがありました。

なぜこんな噂が流れたのかというとその理由は女性器周辺が血管が多く集中することによって敏感になるということでいつもよりもオーガズムに達しやすくなるという理由です。

これは実際に実験が行われており、服用した人の大部分がいつもよりもオーガズムに達しやすくなったという研究結果も出ていますが、まだ実験段階と言われています。

バイアグラを服用することで女性もこれから性行為を行うということでいつもよりも興奮してしまったのではないか?というまだプラシーボ効果(思い込み)に寄るところが大きいという段階です。

むしろバイアグラを服用したけれど何の反応も起こらず副作用に苦しめられてしまうという可能性があります。

頭痛によって性行為が楽しめないという事のほうが多いです。

バイアグラを媚薬目的で利用するのであれば女性用バイアグラというのが誕生しているのでそちらを使ったほうが良いと思います。

フリバン


女性用バイアグラとして有名なフリバンは今までの局部的に働きかけ膣を潤したり、陰部の血流を良くし性的な機能不全を改善しようするものではありません。

また他には膣内がなかなか塗れずに挿入時に痛みを生じることで快感を得られないといった悩みを持った女性に、少量を塗布するだけで有効成分が働きスムーズな挿入を促してくれるものでもありません。

性欲そのものを増進させる効果のある性的欲求低下障害治療薬であり、米国FDAにて承認された最新の女性用バイアグラのジェネリック医薬品です。

もちろん女性の性事情は複雑ですし、膣内の状況やシチュエーションによって男性ほど単純ではありませんが、人に相談できない性の悩みを持つ女性から喜ばれています。

ジェネリック医薬品ということもあり、低価格で購入できるというのも人気の理由の1つです。

変に男性用のバイアグラで血流をよくして膣周りを敏感にさせようとするのではなくてしっかりとした女性用バイアグラを使ったほうが効果的です。

ただし、女性用バイアグラに関しても低血圧、頭痛、眠気、目まい、顔のほてり、消化不良、鼻づまり、吐き気などが報告されています。特に眠気や低血圧、失神などの副作用が出やすいといわれているのでアルコールと一緒に服用したり、抗鬱剤及びホルモン避妊薬と併用できません。

使用する際には十分に副作用があることを把握して副作用が収まらない場合は専門の医者に行くようにしましょう。