加齢だけが原因じゃない

勃起不全は病気のサイン

そもそも勃起不全になる理由はどういった原因があるからでしょうか?

よく勘違いしているのが加齢による性的欲求が沸かずにそのまま勃起しなくなってEDとなるんでしょ?って思われている人が居ますが、原因はそれだけではありません。

もちろん年齢を重ねるにつれて性的欲求自体が薄れてしまって勃起しづらくなるというものはありますが、40代でEDになる人が増えてきましたし、20代でも勃起不全になってしまったという人もいるのです。

加齢による性的欲求の低下以外にも理由があります。むしろ加齢によって起こるEDになる理由は2位です。

まずは自分がなぜEDになってしまったのかの原因について把握することが大切ですし、また一度EDになってしまったらもうずっとEDのままなのか?といったらそうではありません。

EDになってしまう原因の第一と呼ばれているのが高血圧、糖尿病、脂質異常症と呼ばれるよくメタボリックシンドローム症候群の人がEDになっている人が多いです。

特に糖尿病のおよそ8割が勃起力が低下して中折れしてしまったとか勃起しないと自覚している人が多いので密接な関係があることが分かっています。

そもそもEDになってしまうのは陰茎海綿体に十分な血液が集まらなくて勃起に至らないのが原因です。

メタボ体型の人は血液がドロドロになってしまっている人が多くそのため性的興奮を受けても十分に血液が集まらないためEDとなってしまうのです。

逆に言えばEDになってしまったとかここ最近中折れすることが増えたなって思ったら糖尿病や高血圧の疑いがあると思って疑ったほうがいいです。

EDは病気のサインとも言われています。

特に現代社会では多くの手軽にコンビニなどで購入できる分野菜不足だったり、逆に脂質の高いものや油分の多いものばかりを取ってしまいがちです。

そうなったら血液もドロドロになりやすいので気をつけないといけません。

次に多いのが加齢による性的欲求自体の低下が挙げられます。

しかし年齢を重ねれば代謝が悪かったりしていたり、やはり脂っこいものを取っても昔のようにはいきません。

ですから食生活には十分に気をつける必要があります。

また若い人EDになってしまう原因としてストレスによることが多いと言われています。

ストレス社会と言われているほど様々なストレスがついて回ります。

朝から晩まで働いて疲れきっていて何よりも寝かせて欲しくて性的欲求がわかないと言う人もいれば将来への不安でこのままこの仕事を続けていいのかという精神的な疲れものしかかります。

そういった面を含めてストレスや疲れが溜まってEDになってしまう人もいます。

うつ病患者もEDになっている人が多いと言われていますのでまずは出来るだけストレスを溜めないようにしましょう。

さらに若い人がEDの人はパートナーとなる女性からHが下手とか男としてダメね!みたいに心無い一言を浴びせられたことが原因でトラウマとなってしまって性行為自体に苦手意識を持ってしまってEDとなるという人もいます。

他には事故などで陰茎海綿体周りの神経を傷つけてしまったという外部的な原因でEDになってしまったという人もいます。

勃起不全になる原因は様々ですのでまずは何が原因で起こったのかというのを知ることが対策の第一歩であると言えます。

EDになってしまったからと言ってももう医薬品に頼るしか性行為が出来ないのかって思っている人もいますが、それは違います。

何も一度でも勃起不全になってしまった人は二度と治らないのかと言ったらそうではありません。

特に若いうちにEDになってしまった人は自己で神経を傷つけてしまったとかは話が違いますが、改善する可能性はむしろ高いです。

対策方法としてはまずは食生活の見直しです。

まずは血流を良くする為に血液がサラサラになる食べ物を積極的に取っていくようにしましょう。

血液がサラサラになる食材といえば魚、海草、納豆、酢、きのこ、野菜類があります。

さらにタバコやビールなども血流を悪くするので吸いすぎや飲みすぎにも気をつけましょう。

また夜更かしなども自律神経が乱れてしまったりストレスや鬱になりやすい要因とも言われています。

生活リズムをしっかりと見直して健康的な生活をするようにしましょう。

そして最も大事なこととして運動をすることです。

男性にとって運動や筋トレというのは非常に体にいいものです。

過度なトレーニングとまでは言いませんが、積極的に運動をすることで肉体的にも精神的にも大きく変わっていきます。

特に今は運動する機会も体を動かす機会も少ないですよね。電車や車通勤で仕事先もオフィスワークともなれば運動はしません。

ですのでまずは最寄り駅の1つ前に降りてから家まで歩いて帰ったり、15分ぐらいの散歩から始めていきましょう。

慣れてきたら徐々にランニングをしていきましょう。

ランニングは特に全身運動ですので効果的です。ランニングをするときは最低20分以上はするようにしてください。

というのも脂肪燃焼をするのが20分経ってから行われるので出来れば30分以上走ることが望ましいです。

ランニングをする時にスピードを重視しますが、スピードははいりません。むしろゆっくりとはや歩きよりもちょっとだけ小走りになるぐらいのスピードでいいです。

ゆっくり走ったほうが脂肪燃焼に効果があります。

さらに慣れてきたら筋トレをしてください。主に行うのはスクワットです。スクワットは最も大きな筋肉やそれ以外を一度に大きく動かします。

一度の動作でこれだけの筋肉を動かすとレーニンは他にありません。

ですからスクワットをすることで体の引き締め効果が非常に高いです。

また筋トレをしてからランニングをすることでより脂肪燃焼に効果があると言われていますので慣れて来たら行うようにしましょう。

体が引き締まってくれば自分に自信が出来ますし、体内も改善されます。精神的にも明るくなりますし、体力もつくので疲れが溜まりません。

男性は筋トレと運動をすることでED改善に大いに期待が持てます。

ただし、無理だけは厳禁です。最初はトレーニングをしようと思ったら無理をしてしまいがちですので十分に気をつけるようにしましょう。