世界で初めてのED治療薬

バイアグラとは?


バイアグラといえば世界で最も知名度が高い医薬品の1つではないでしょうか?

勃起不全に悩む男性がバイアグラを服用すると勃起するという薬ということは老若男女誰もが知っていますよね?

しかし、なんとなくしかバイアグラについてわかっていないという人もいれば媚薬みたいな薬でしょ?といった形で誤った認識をしていたりする人もいます。

とはいえ多くの人が“バイアグラ”という名前を知っているわけです。

それだけ勃起不全に悩む人がいるということでもありますし、まだEDではないという男性も危機感を持っているということでもあります。

勃起不全に悩んでいる男性というのは世界中で増えていると言われています。

日本でも5人に1人がEDであり、さらに若い人でもEDで悩んでいるというケースもあります。

これから先男性ならば誰もがEDで悩まされる可能性がありますし、今現在悩んでいる人も居るわけですからここでしっかりとED治療薬の代名詞と呼ばれるバイアグラについて説明をしたいと思います。

基本的なことからお得で購入する方法まで色々と紹介していきます。

バイアグラが誕生したのは1998年の1月にアメリカらの製薬会社のファイザー株式会社から発売されました。

それまではきちんとした医薬品として勃起不全に対しての薬がありませんでした。

そのため効果が証明されていないものが高級品として販売されていたり、効果がないものをさも効果があるように謳った商品なども多く誕生していました。

そんな中できちんと臨床データを元に効果があると認められた医薬品が誕生したことで世界中の多くの人から注目を浴びるようになったのです。

今まで勃起不全で悩まされていた人からしてみればまさに夢のような薬と言われて発売直後から瞬く間にアメリカで人気となり世界中へと広まっていったのです。

バイアグラの形状は青い菱形が特徴的で中身は白い薬の服用する薬です。

そんなバイアグラの誕生した経緯は非常に有名な話ですが、最初は狭心症の患者に対して処方される薬として開発が進んでいましたが、なかなか開発が進まずについに計画の中止が決定されました。

被験者に中止を伝えて薬を返してもらうようにお願いしたところ被験者の多くが返品するのを渋りました。

その理由を詳しく聞くとEDが改善されたとか、通常時よりも硬く勃起するという声を聞いて調べてみたところ勃起不全に対して効果を発揮するということが分かり薬の開発が進んで開発されたのです。

世界中でバイアグラが広まっていったのですが、日本では審査が厳しくてなかなか新薬が認可されるまでに時間がかかるものでしたが、あまりの話題性で多くの人が個人輸入で購入しました。

しかし、個人で輸入する人が誤った飲み方をしたり、過剰摂取をしたことによって救急車で運ばれたりなど命の危険にさらされた人が続出したことで厚生労働省も重く受け止めて異例のスピードで翌年の1999年には日本でも発売されるようになったのです。

医薬品といえどもドラッグストアなどで購入できない薬というのは副作用があり、正しい飲み方をしないと危険だからこそ病院で処方されるわけです。

正しい飲み方さえすれば効果があると臨床データで8割の方に効果が認められた素晴らしい薬がバイアグラです。

変に効果を得ようとしたり過剰摂取する必要は無いのです。

ただ世界中で発売されているバイアグラの規格は3つです。

バイアグラ【25mg、50mg、100mg】錠が発売されています。この数字の違いは主成分のシルデナフィルの含有量によって分けられています。

しかし、日本の病院で処方されているのはバイアグラ【25mg、50mg】の2つです。

なぜ100mg錠が日本で発売されていないのかというと色々な理由や噂が流れていますが、理由の1つとして先ほど述べたように当時バイアグラが日本で認可さえて販売されるまでにまさに異例のスピードでした。

そのため、もしバイアグラを処方した人に問題があったらその責任は認可を下ろした厚生労働省に向けられます。

ですので100mg錠では副作用も強く出てしまう可能性があるということで【25mg、50mg】の2つまでしか発売されず未だに100mg錠が販売されていない理由ではないかとされています。

とはいえ100mg錠に問題があるのかと言ったらそうではありません。

世界中でバイアグラ100mg錠服用されており、なにか問題があったというわけでもありません。

そもそも臨床実験もしっかりと行われて問題ないからこそ発売されているわけですが、未だに100mg錠は日本では処方されません。

バイアグラの100mg錠を試してみたいと思っても病院で処方されることはありませんので医薬品個人輸入代行サイトを利用するしかありません。

医薬品はamazonや楽天ではいくら探しても購入することができませんので注意してください。

医薬品個人輸入代行サイトという言葉を初めて聞いたという人もいるかもしれませんが、そこまで難しいものではありませんし当サイトでも紹介していますので詳しくはバイアグラはamazonで購入できないをごらん下さい。

バイアグラはこれまでに多くの勃起不全に悩む人たちを救ってきましたが、ED治療薬というのはバイアグラだけではないのです。

医療の現場というのは常に進歩しているのです。バイアグラのほかにも沢山のED治療薬が誕生していてレビトラ・シアリス・アバナといったED治療薬があります。

レビトラを通販で手に入れたいと思ったらレビトラ通販のサイトを利用すればいいですし、シアリスも同様にシアリス通販のサイトを利用すれば簡単に手に入れることが出来ます。

ED治療薬を気軽にどこでもネットで購入できるのが医薬品個人輸入代行サイトのいいところですし、さらに日本ではまだ認可が下りていませんが安全性が確認されており、世界中で高い評価を受けている最新の薬を手に入れることも出来ます。

またED治療薬の医薬品を試してみたいけれどちょっと高いから手が出せないという人もいますよね。

そんな人はジェネリック医薬品を購入することが出来るのです。

日本の病院でまだ処方されて間もないED治療薬のシアリスですが、世界ではシアリスジェネリックが手に入れるので安く試してみることが出来ます。

まだ日本では処方されていないジェネリック医薬品を手に入れることも可能です。

最新のED治療薬として今注目の次世代のED治療薬と言われているのがアバナフィルが配合されているステンドラですが、これはアジア人向けに開発されたとも言われています。

そんなステンドラジェネリックとして有名なアバナも購入することが出来ます。

インターネットが普及した今では最新の薬を購入することが当たり前となってきます。

それでもインターネットで購入する時などは気をつけなければいけない点もありますので大手の安心できる医薬品代行サイトを利用する必要があります。

おすすめは医薬品個人輸入代行サイトの大吉ドラッグでは正規品のみを扱っているのでオススメできます。

日本で発売されていないバイアグラ100mg錠を試してみたいと思ったら正規品を正しく取り扱っているサイトを選ぶことが何よりも重要です。

もちろん未だに現役でバイアグラは勃起不全に悩んでいた様々な人を救ってきましたし、未だに最新のED治療薬ではなくてバイアグラじゃないとだめと言う人もいます。

薬というのは個人差が出やすいものですから様々なED治療薬を試してその中から自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

そしてED治療薬が誕生したことによって男性だけではなくてパートナーとなる女性をも救うことになるのです。

今までバイアグラを試したことがなくて興味がある人はぜひともED治療薬というものを活用してみましょう。